ニキビの種類について

ニキビは尋常性ざそうのことです。ニキビの種類は大きく分けて二つに分けることができます。1つ目は炎上のないものです。これには微小面皰、白ニキビ、黒ニキビが含まれます。

微小面皰とは毛穴がつまり始めた状態で見た目ではまだわからない状態です。白ニキビは毛穴がつまった状態です。放置するとアクネ菌の増殖に繋がります。そうなると、黒ニキビになります。

黒く見える原因は、皮脂の酸化と考えられています。2つ目に炎症性のニキビがあります。種類は赤ニキビ、化膿したニキビです。赤ニキビは白ニキビの悪化により炎症が起きたもののことです。

ここではアクネ菌の増殖がさかんで炎症を引き起こす物質が作られています。化膿したニキビは赤ニキビがさらに悪化したもので膿が発生していることから黄色ニキビとも呼ばれています。

アクネ菌の増殖によって、炎症の起きていた毛穴の外にも炎症性物質があふれでて炎症が周りの組織にも広がっている状態です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です